kuramoto kujiranami      HOME ■    

今月のトピックス

2007/6/14 今年の全国新酒鑑評会の一般公開というのが東京池袋のサンシャインでありました。
元々は東京の滝野川であったものを広島へ移転ししばらく広島での開催だったんですが、今年は大都市東京へ戻ってきました。
一般公開とは要は新酒鑑評会で入賞したお酒の"利き酒"です。
500点近いお酒が地区ごとにテーブルを分けられ並べられ、それを自由に"利き酒"するんです。
広島へは行ったことがあったんですが、東京という事と"かみさん"の里帰りが一致した為とんぼ返りで行って来ました。
まずはすごい混雑。入場するのに40分近く待たされ会場内も熱気でむんむん。
顔見知りもチラホラ。ご挨拶をしながら今年の傾向などを探ってと・・・・。
入賞するお酒ですからやはりレベルは高いですね。
500点は到底利き酒できないので、そこそこで退散。

2007/6/26 梅雨が続いていますが、今年は何かが違う。
例年より雨の降り方が激しくて短い。どしゃっと降って晴れ間が覗く。
暑いようで夜は涼しい。
あまり異常にならなで欲しいもの。

2007/7/19 7月20日(金)〜7月27日(金)まで南部杜氏講習会に出かけます。
メールの返信等が遅れますがご了承下さい。

2007/7/31 真夏の南部杜氏講習会(岩手)へ行って来ました。
今年は南部杜氏試験を受験。何とか合格証書をもらってきました。
レベルの高い試験です。
これは落ちたかな!?と内心不安だったんですが、無事合格。
筆記、論文、利き酒、面接とレベルが高いです。
受験資格を得るまでにも何年もかかります。
今年の目標のひとつがこれだったので達成感が大きいですね。
これを機にますます”おいしいお酒”造りに励まなくては!!!

2007/8/11 H18BYのお酒の初呑み切り。
そろそろ出荷の始まるH18BYのお酒を持ち寄り酒質のチェックをする会です。
ここ何年かは中津川とお隣の多治見管内のお酒が並びます。
県からは工業技術センターの先生、名古屋からは鑑定官室から先生がおみえになって講評をして下さいます。
春先に搾ったお酒が夏場を迎えて熟成がすすんで新酒の時期とは違った顔を見せ始めます。。
この暑さでお酒の熟成が進み味が乗ってきた感じですよ。(飲み頃ですな〜)


2007/8/25 暑い夏ですね。まだまだ暑いですけど、朝夕は過ごしやすくなってきました。
あまりの暑さに今年はぐったりのお盆でした。
水不足になりかけたんですが、この所夕立もきてその心配もなく残暑といった感じです。
蔵の前の稲もすっかり穂が実りすくすく育っています。
残暑の中、金沢まで観光に行って来ました。お盆シーズンをはずしていったので比較的空いていてゆっくり金沢城、兼六園といったところを散策。
夜は居酒屋でご当地ものを満喫。地酒や珍味も豊富なので夕食は居酒屋というのがおきまり。
これが一番の楽しみだったりしますね!

2007/9/6 暑い暑いといってる間にもう9月。
あまりのんびりしている訳にもいかない季節になってきました。
そろそろ酒造の準備がやってきます。
今年の夏は大きなタンクを3本蔵から出しました。水タンクに使いたいという建築屋さんに贈呈。酒の出荷がピークの時には現在よりもたくさんの貯蔵用タンクが必要だった訳ですが、今では多品種少量の生産になり、おおきなタンクは不要になったんです。
よく入れたもんだと思えるほどぎりぎりの寸法でぴっちり入っていて出すのに一苦労。
おかげで倉庫が増えました。一升壜で貯蔵する商品が多くなったので助かるんです。
まだ不要なタンクが数本あるので欲しい!と仰る方が居たらご連絡を!ただし運搬にはユニックが必要でしょう。

2007/9/16 過ごし易くなりました。。
雨も多くそろそろ刈入れの季節なんですが、田んぼがぬかるんでなかなかか乾きません。
只今、酒造計画の真っ最中。よくばりはダメですね。色んな事はしたいんですが、なかなかうまくは行きません。
H19BYの予定は、年内から純米吟醸の仕込みをします。
年内に搾ろうと思うと11月に仕込まなくてはならず、まだ少し暖かいのとシーズン初めは普通酒で様子をみてというのがこれまでのやり方だったんですが、設備も少々いじくり小さな仕込なら行けそうなので最初から全開でいきます。
12月の終わりには搾れるでしょう。お楽しみに!!

2007/10/3 早くも10月!!気持ちがあせる季節です。
今年も11月から仕込みに入りますので10月は蔵の清め作業と仕込スケジュールの確認、必要材料の発注等あせる月なんです。
イベントの出席もあるし仕込が始まると山篭り状態なのでその前にお得意さんにもご挨拶に行きたいところ!
9月の後半には稲刈りもすませました。たんぼがぬかるんでいて悪戦苦闘。まあ機械の操作は一番楽な役なんですが・・・・。
10月7日(日)は岐阜のホテルグランベール岐山さんで”飛騨・美濃の地酒と秋の味覚を愉しむパーティー”なるものに参加です。会費7000円でおいしい料理と地酒が楽しめます。

2007/10/26 ネットの更新ができる。ああよかった。
10月に入りいろんなものが一気に調子が悪くなり困り果てております。
季節の変わり目は人間だけでなく機械にもつらいのだろうか?
パソコンのハードディスクもぶっ飛び四苦八苦。
なんとか復旧しました。これで更新もできるでしょう。
さて転送できるのだろうか??まずはやってみよう。

2007/10/30 急ピッチで仕込の準備に取り掛かっています。
11月1日より平成19BYの開始です。
伸び伸びになっていた水槽の掃除をやっと終了。二ツ森の湧き水溜めている大きな水槽に一日張り付いておりました。
どうしても丸一日かかってしまうので、おっくうで伸び伸びになっていたのを土壇場になって重い腰をあげました。
夏休みの宿題みたいなもんだな!
すっかりきれいになって満足。
蔵の大掃除はすんだのでなんとか仕込みに間に合いました。
あとは小物の調整を仕込と平行しておこなって順々に慣らしていけば今年もいい酒が・・・・ご期待ください!!

2007/11/11 今年も仕込みが始まりました。まだまだ暖かく苦戦中。
仕込みが始まりはや10日程がたちます。パソコンの調子も今ひとつでなかなか更新をさぼりぎみ。
今年は年内の仕込みで純米吟醸と純米にチャレンジ。暖かい時期の吟醸は手間がかかります。
悪戦苦闘ながら順調?に進んでいると自分では思っています。
仕込み始めは機械がしっかり動いてくれるか?に結構ビクビクなんです。
自分よりも年上の機械やタンクがまだ現役で働いているのが信じられない!。
今の所、ポンプの不調以外は順調に動いていてほっと一安心。

2007/11/19 年内の吟醸造りも本格的になります。
ここへ来て急に冷え込みが厳しくなり、仕込みにはよくなってきました。
作業をするのには暖かい方がいいんだがこればっかりはしょうがないですね。
明日から純米吟醸の添仕込みにかかります。
酒母は順調にいったので後は本仕込み。
今年はあたふたしていてなかなか写真にまで気が回らずほとんどデジカメは置きっ放し。いかんですね!

2007/11/28 年内の仕込みも純米1本を残すのみとなりました。(経過が飛びすぎ!)
酒造りは色んな作業を平行して行わなければならないので頭が錯乱してきます。
それも1時間後に暖気樽を抜くとか釜の水は10分で満タンになるとかその間に他の作業をしていて忘れてしまっては大変!!
携帯の目覚ましとタイマーの二つをしのばせ呼び出し音に急かされながらあっちへふらふらこっちへふらふら。
もうすぐ新酒の発売です。

2007/12/9 怒涛の12月に突入。かなりテンパッタ日々が続いています。
年内の仕込みも無事終了。すでに2本を搾り終えました。
という事は新酒の発売です。まずは”にごり”と”しぼりたて”の第一弾。
まずまずの出来ですよ。
あとは順次純米吟醸と純米を搾っていきます。
このペースだと12月後半には出荷できると思います。
洗車をしたいと思いつつ、伸び伸びになりすでに一ヶ月。そろそろ初雪がきそうなのでタイヤも変えなくちゃな!

2007/12/17 初雪です。昨日の朝方10cm位積もって、昼過ぎにはかなり溶けていきました。
これを予感してタイヤは前日に軽バンからアテンザまで一気に交換しておきました。
ジャッキのいいのが最近はホームセンターで売っていて、お酒のタンクのおしりを上げるのにちょうどいいので購入して重宝してます。当然車にも使えるのでジャッキアップが楽々です。
ナットをはずす車屋さんで使うような工具もホームセンターに売っていて”欲しい!”と思っているんだがそんなに使うものでもないしと思案中。
ホームセンターは弱小酒蔵には宝の山でいろんな物が活躍してます。
最近は巨大化していて商品が豊富なので歩き回るだけでも楽しいですね。
配達の帰りについつい立ち寄りたくなってしまいます。

2007/12/26 年賀状も何とか書いたし、しめかざりも買ったし、あとは新年を迎えるだけ?
な訳がなくまだ純米の搾りは残ってるし、出荷は追いついてないし、杉玉つくってないし、来年早々の造りの準備もできてないしと追いかけまくられてる年末です。
あと一週間のがんばりです。
杉玉は来年にまわそう(新酒はとっくにできているんですが・・・・)

2008/1/2 明けましておめでとうございます。
今年は雪の元日です。凍てつき部屋からでたくない正月です。
12月を乗り越えほっと一安心。
来週からはまた仕込みを再開します。
おいしいお酒を造っていきますので今年もお付き合い下さい。

2008/1/18 年明けの仕込みも本格化してきました。
2本の酒母が元気よく動いています。
年末の残務整理や年明けの仕込みの準備で今年も正月らしくはなかったんですがこれはしょうがないですね。
昨年末に仕込んだ純米吟醸と純米の無濾過生酒を発売しました。
これがなかなか良い出来です。お近くの鯨波取り扱い店でお買い求め下さい。
今年もジョイセブン(中津川・恵那地域勤労者サービスセンター)主催の酒蔵めぐりが3月2日にあります。
今年で3回目で毎年参加者が増えています。当蔵にも観光バスでやってきますので会員の方はいらして下さい。

2008/1/29 寒い日が続きます。
大寒あたりが一番やはり寒い。今年も体が悲鳴をあげています。
何より足のつま先がしびれるような寒さ。靴下を2枚はいていても効き目なし。
動いていればまだいいのだが、じっとした作業では凍りついてしまいそう。
どうしようもなくなると麹室へ暖をとりに入ります。蔵の中は日中でも2度に対し麹室は30度!まるで常夏!麹室での作業は半袖です。
モコモコに着込んだ服の脱ぎ作業が終わるとまたモコモコにして出て行きます。
仕込みは順調で純米2号の仕込みが終了。純米吟醸、本醸造と続いていきます。

2008/2/21 仕込みもあと一日。今年は寒く米は硬い仕込みでありました。
まだ一日ありますが、へとへとです。明日からぐっすり眠れるのが楽しみ。
仕込みの合間に名古屋から割烹安兵衛ご一行様がいらっしゃいました。
日本酒をお店で出しいろいろ蔵見学に行かれているご一行は”つわもの”ばかりでした。
まるで蔵仲間と話をしているような感覚。
蔵へは何と自転車でいらっしゃたんです。こんな事は初めて!うちは一般的な酒蔵と違い、なんといっても山!山!山!なんですよ。
電話でとても山ですからと言ったんですが、ツーリングが趣味なご一行なので大丈夫だという事でした。
前々日に降った雪もまだ少し残っている道を時間通りにやってきました。
さすがです。
蔵見学が終わると颯爽と山を下っていきました。次回は夏もよいですよ!
最近デジカメの調子が良くなく写真がとれなかったのが残念です。

2008/3/5 甑倒しの翌日は今年は思いっきり寝てやる!と決めていのに搾りの準備でそうもいかず相変わらず蔵を右往左往の毎日です。
今年は仕込みを小さくして本数を増やしたのでとても大変だった気がする。
その分お味は良いですよ。でも体力的にはきつかった。
2日の日曜日にはジョイセブン主催の”中津川酒蔵めぐりツアー”のバスが4台やってきました。
150名の方が蔵を訪れたには最高記録。同じ中津川でも合併してまだまだ知名度のない”鯨波”を必死でアピール。”こんな山に酒蔵があるんだ〜”と感心している方が多く少しは知名度アップになったかな?

2008/3/12 中津川・多治見両酒造組合の新酒研究会。
この冬できたお酒を持ち寄り、鑑定官の先生にみてもらいます。
やはり今年はお米が硬かったようです。昨年8月の猛暑の影響がもろに出ました。
”ひだほまれ”もやはり硬かったというのが感想です。
お米が溶けづらく気温が低い日が続き低温できれいなお酒になりやすい年でした。昨年は超暖冬だし今年は低温とまったく逆の酒造りに想定外がいっぱい。
今年は寒かったというのが一番の印象。2月は何回麹室へ逃げ込んだことか。手や足がしびれてしまい”いらいら”しながら夜中に仕込みの準備をしたものでした。
今年も残すところ2本の搾りのみ。気温も上がり少し気分が春めいてきましたね。

2008/3/24 皆造(かいぞう)です。”ホッ”
最後の醪を搾り粕取りまで終わりました。
長かった造りが終わりました。そして洗い物の山ができました。
まだ火入れ迄の作業が残っているので気は抜けませんが、一安心。
今日はゆっくり純米吟醸の無濾過でちびりちびり行きたい!!

2008/4/9 洗って洗ってその後瓶詰めという作業の繰り返し。
瓶貯蔵のお酒が増えてきたので今が非常に忙しい。
ひたすら蔵の中でもくもくと単純作業を繰り返す。
来週からは恒例の小山酒店さんの”多摩独酌会”を皮切りに新酒イベントに参加します。
今年の新酒もいい出来です。会に参加される方がもし見ていたら声をかけて下さいね。

2008/4/18 桜が満開で見ごろ。例年より早い!
瓶詰め&火入れの毎日。まだまだ蔵が片付きません。
仕込前と後は楽なようで一番ハードかも。小さな蔵とは言えその分人手もなくただあくせくするばかり。
満開の桜の下で一杯やりたいですね〜。

2008/5/1 新酒イベントから帰ってきました。
4月は新酒のイベントが目白押し。小さな蔵としてはこういった会は大変重要。
会で一生懸命”鯨波”をアピール!
今年はなかなkよい出来とあってみなさんから”レベルアップしたね!”とうれしい反応。ちょっとニンマリ。
4月の第3週は東京遠征。多摩独酌会は相変わらずすごい人。飲食店関係の人から一般の愛好家まで酒通がずらり。
第4週は岐阜市で”美濃・飛騨酒蔵の集い”。岐阜駅ビルの中のイベントホールという立地のよさもあり年々人手が増えているような感じ。今年はおつまみ用に自家製漬物を持参。これが人気で!
お知り合いの酒蔵さんも多く今年の造りの感想など意見交換!やはりどこも寒さ対策に苦労した造りであったようです
実はまだ蔵掃除が残っているので連休で目処をつけたいな!!

2008/5/22 過ごしやすい季節です。
蔵前の田んぼの田植えも終わり蛙の大合唱のみがなにもない田舎に響いています。
今年も大きなタンクを搬出しました。お酒が大量に売れていた時にはタンクの置き場所優先で倉庫よりもタンク。まず貯蔵タンクがなければ始まらない時代に鎮座したものの今は使わなく逆に邪魔になるしまつ。
大きいが故に搬出先もなく、引っ張り出すのも大変なタンクを最近の鉄の高騰で”くず鉄屋”さんに問い合わせてみたらOKがでました。
一気に20畳ほどの空スペースができスッキリ!
あちこちにちらばっていた瓶詰製品の保管場所にはぴったり。気分もすっきり!

2008/6/21 梅雨らしいお天気です。
愛車の軽バンの調子がおかしく修理に出しました。
既に14万キロ乗っているのでそろそろ限界か?とビクビクでしたが、プラグ関係の比較的軽微な修理で回復。
この軽バンは結構気に入っているのでホッと安心。車が自転車がわりのような地域なので足としてとっても便利。最近の原油高はとても痛いですが・・・。

2008/6/29 夏の蔵はひっそりとひんやりしていて眠っている感じ。
酒泉洞堀一さんのお酒の会にいってきました。
愛知のお蔵さんをはじめ全国各地からこだわりの造り手が集りました。
レベルの高いお酒がずら〜り。知り合いの蔵を見つけては飲ませてもらいました。
本当においしいお酒はいいですね〜。
来場者の方もお酒をよくしっている方が多く、マナーもしっかりしていて雰囲気のいい会でした。
今回は来場者を250人で制限されたそうで、お酒を振舞う側としては場所、出展蔵、来場者の割合が非常に良くゆっくりお話ができました。
鯨波のブースに立ち寄って下さった方々ありがとうございました。

2008/7/15 久々のゴルフ!
以前、岐阜の商工会青年部で知り合った面々が中津川でゴルフ。
もう3年も前に活動していた仲間ですが年に数回は飲み会やらゴルフに集まります。
県内各地に散らばっていてなかなか忙しい面々ですが、よく集まります。
話がおもしろくてついつい引き込まれていくのが長続きの理由だろうか!?
まったく心地のいい一日でした

2008/7/29 初呑切りが瑞浪でありました。
今年も問題なくお酒は熟成をしています。ちょっと暑すぎる感じもしますが。
中津川酒造組合と多治見酒造組合の合同で瑞浪であったんですが、多治見近辺はやはり暑い。何故多治見がこんなに暑いんだろう?テレビでも日本一と言っている。確かに盆地だけど日本一になる程とは思っていなかった。
温度計の設置場所が悪いとか言われていたけどそうでもないらしい。
沖縄より岐阜が暑い?!とはどうしても思えないんだが・・・・!

2008/8/15 県外ナンバーの車が非常に多いお盆です。
普段は渋滞とは無縁の国道で信号を2回も待つなんて!でもにぎわいがあっていいですね〜!。
夏は暇のように思われますがこれが結構忙しい。仕事ではなくて地元のお祭り。3週連続の祭りのお手伝い。先週は花火でした。都会のような混雑はなくじっくり充分余裕で見られて気に入ってます。派手は花火はすくないですが風情たっぷり。
行く夏が感じられます。

2008/8/27 めっきり涼しくなりました。夏の終わりですね。
眠るには最高の気候です。
名古屋の地酒サークルにお邪魔をしてきました。岐阜の5蔵がゲストです。
5蔵の酒をブラインドで試飲して点数をつけます。
”あまり気にしないで下さい”と前もって言われていたんですがちょっと気になります。他の4蔵の実力もよく知っているのでこれはまずい!
一蔵2種類つづで計10種類なので9、10位は避けたいひそかにに思う。
結果は中盤の5,6位で一安心。この会は初参加なのですが詳しい方や楽しい方が混在でとても過ごし易い会でした。
名古屋開催ということで中津川行き最終で無事帰宅!!
結果は⇒sake nagoyaさんHP

2008/9/24 イベント秋の陣が終わりこれから仕込に向けての準備に急ピッチでとりかかります。

大枡さんの”浅草酒祭”はすごいにぎわいでした。日本酒、焼酎、ビール、ワインが入り乱れてのアルコールの祭典といった感じでした。
鯨波を飲んで頂いた方が増えていてうれしい限り!!

名古屋では堀一さんの”ひやおろしを楽しむ会”に参加。一部が飲食店さん向けの勉強会で8蔵元が講師となりました。あらかじめ質問が決められていたので自分宛ての質問を答えるまでは緊張!他の蔵元さんの流暢な説明に思わず聞き入ってしましました。2部は名古屋のさかなやまさんでの会。8蔵入り乱れての飲み会です。面白かったです。お声をかけてくださったみなさんに感謝!

最後は大竹酒店さんご一行を迎えての鯨波蔵前バーベキュー。天気にも恵まれ絶好のBBQ日和でした。酒蔵でのBBQは初めての方もいて秋と日本酒を試して頂きました。本当に遠路ありがとうございました。

さてさてこれから仕込みに向けてのとっても地味な作業がまっています。
今年は10月21日から開始です。12月には新酒をお届けしますのでご期待下さい。

2008/10/25 今年も22日より20BYの仕込みにとりかかりました。今年は例年より10日程はやく始めました。
何かとお出かけが多いのと例年より早く始めた為、準備が・・・・。
準備をするのは基本的に一人なのでちょっと用事が入ると予定がガラガラと崩れていきます。
強引に準備をすませ何とか今年一回目の蒸しは無事終了。最初は酒母の育成なのでその間にやり残した準備を後付でセッセと行っております。
本格的には11月から初めて新酒は12月初旬の予定ですよ!

2008/11/17 仕込は順調にいってますよ。書くことは山のようにあるんですが・・・。
お酒造りは気にかけだしたらとまらない事ばかりで気があせり思うように作業がはかどらず、機械の調子も今ひとつ。
仕込みの前半戦は11月いっぱいで12月には新酒が搾れます。
ご期待下さい。今年はいいです。

2008/12/16
着々と新酒が出来上がっています。今年の出来もよいですよ!。
新酒をどんどん出荷していますのでお近くの酒販店様でお買い求め下さい。

2009/1/1
あけましておめでとうございます。
昨日までの喧騒がうそのように今日はゆっくりしています。
今日一日ゆっくりしてまた明日から年明けの仕込準備に入ります。
本年もよろしくお願い致します。

2009/2/11
今年の冬は暖かいですね。一部寒い日があったんですが概ね暖かい。
いつものようなしびれる寒さがないので作業的には楽なのですが、醪みは少々暖かい。ろくな冷却設備をもたない当蔵は天候任せ!
こればかりはどうしようもないですね。
年明けの仕込みも淡々と着実に進んでいます。

2009/3/9
という事で、今年も無事甑倒しを迎えました。まったく中盤戦がありませんがご容赦下さい。
造り中はHP更新の事はなるべく忘れるようにしてますので・・・。
掛け止めは3月6日で昨日はジョイセブンご一行様がバス3台で嵐のようにやってきて次の蔵へ向かっていきました。
今年で4年目ですが中には皆勤の方もいて”ここに来るのが楽しみ”とうれしい事を言って下さるかたも!来年もきて下さいね。
そして本日は中津川・多治見酒造組合合同の新酒研究会、新酒の出来栄えをみてもらいます。
今年は暖かくてみなさんも苦労されたようです。うちもすっかり天候に翻弄されましたが何とか無事に行きそう(まだ何本か醪が残ってます)な予感です。ふ〜!!

2009/5/6
最終の搾り〜火入れ作業〜春のイベント三昧ですっかり更新が・・・。
各イベントでもHPを見てくれている方がちらほら。何とかせねばと思っている所です。

4月26日 美濃・飛騨酒蔵の集い…年々人が増えているのではと思えるほど盛況な会でした。最初の1時間はひらすらお酒を注ぎゆっくり話ができなかった程。日本酒が見直されて来ているのだろうか?

4月29日 名古屋”割烹安兵衛”さんのお酒の会にお招き頂きました。そう安兵衛さんには昨年自転車でしかも真冬に当蔵まで足を運んで下さった方です。とても美味しいお料理と”鯨波”メインで色んなお酒を出して頂きました。すっかり飲みすぎてしまい、最終で中津川にたどり着きました。
安兵衛さんのブログには詳細が・・・とっても手抜きなご案内!

5月5日 五百万石の田植え企画に酒泉洞堀一さんをはじめたくさんの方に参加を頂ました。当日はデジカメを忘れてしまい田植風景がないんです。一部ではネット更新が面倒な確信犯だと・・・?!ご参加の皆様本当にありがとうございました。

来週は東京でSSIさん主催の地酒大Showに参加しますので声をおかけ下さい。

2009/5/19

田植えも終え、SSIさん主催の地酒大Showに参加してきました。
日本酒イベントはどこも盛況!。こちらの会も700名の来場者でいろんな方が鯨波ブースに立ち寄って下さいました。
日本酒も底を打ったのか!?と思えてしまうほど。
今回は火入れの純吟、純米を中心にご案内。春先の生酒でフレッシュさもいいですが火入れの落着いた酒を楽しむのもよいですよ。

2009/6/20

梅雨を迎えじめじめ?ではなく比較的良いお天気が続いてますね〜。
この時期にやっておきたい事もいっぱいあって冬に疲れ果てた機械の整備、倉庫の掃除。何十年ぶりかにわが家の農機具庫を大掃除。出るわ出るわごみの山!!空いた時間で掃除をするのでなかなかはかどらないもんですね〜。雨が続く前にある程度終わらせたい。

|ページTOPHOME