kuramoto kujiranami      HOME ■    

今月のトピックス

2006/1/2 明けましておめでとうございます。
穏やかな年明けです。
まだ昨年の雪が残っていますが、無事新年を迎えました。
12月から1月へ変わるだけで空気が違います。
ビーンと張りつめていた空気が和らぐようなゆったりしたお正月です。
酒造りを行うものにとって本当に安らげるのは、酒造りが完全に終わり無事お酒になってからなのですが、当蔵も新年に合わせ造りは小休止です。
正月明けには、吟醸の仕込みに入ります。
年末の疲れとお正月のお屠蘇で、今日はすっかりお昼寝をしてしまいました。
午前中は大好きな箱根駅伝にかじりつき、昼食とお屠蘇ですっかりいい気分になり気がついたらこたつの中で寝入っていました。
12月を乗り越え少し気が楽に・・・

今シーズンは出稼ぎの杜氏制度を辞め、自分で造り始めた訳ですが、前半戦は順調に行きました。
後半戦jは1月〜3月までの長丁場になり、純米系のお酒を中心に低温長期の吟醸酒造りです。
今年もじゃんじゃん納得の行く酒を造っていきますので応援下さいね。

2006/1/8 年明けは雪も少なく穏やかながら寒い日々です。
お正月は”アッ”と言う間に過ぎてしまいました。
年賀状に目を通し、久しく会っていない旧友の近況などを楽しく見ていました。
総じてみんな若いなあ〜と思います。
学生時代のように徹夜で飲み明かしてみたいものです。
その時は、”鯨波”を持参して日本酒の魅力を存分に披露しますから・・・
造りは既に始まりました。
まずは本醸造の酒母立てです。
麹の作成に昨日から取り掛かり、まずは順調!
年始は寒い日々が続いているんですが、何故かこれから暖かい日が続くような嫌な予感がしています。
元来、1、2月は寒すぎる傾向なので少し位暖かいほうが酒は造りやすかったりするんですが・・・
長〜い2006年のスタートです!

2006/1/11 年明けは雪も少なく穏やかながら寒い日々です。
お正月は”アッ”と言う間に過ぎてしまいました。
年賀状に目を通し、久しく会っていない旧友の近況などを楽しく見ていました。
総じてみんな若いなあ〜と思います。
学生時代のように徹夜で飲み明かしてみたいものです。
その時は、”鯨波”を持参して日本酒の魅力を存分に披露しますから・・・
造りは既に始まりました。
まずは本醸造の酒母立てです。
麹の作成に昨日から取り掛かり、まずは順調!
年始は寒い日々が続いているんですが、何故かこれから暖かい日が続くような嫌な予感がしています。
元来、1、2月は寒すぎる傾向なので少し位暖かいほうが酒は造りやすかったりするんですが・・・
長〜い2006年のスタートです!

2006/1/16 今度はうって変わって暖かく降り積もった雪が屋根からすべり落ちています。
暖かいと作業がし易いので蔵にこもりせっせと仕込みをしています。
今日の感想は麹はやっぱり難しいと言う事。
蒸し具合も種切も順調そのものだった麹が仲仕事から温度の上昇が緩慢になり予定よりはるかに遅い仕舞仕事となりました。
おかげで夜中に蔵に行くはめに!!
夜中の蔵はけっこう怖〜いんです。
すっかり寝静まって真っ暗な中を寒中電灯でおそるおそる麹室へ向かっていると何か出そうな予感!
昨晩も予感で終わりました。フ〜!
でも一度起きてしまうと今度はなかなか寝付けなくて布団の中でゴロゴロしていたら朝になっていました。

2006/1/19 順調に酒母が育っております。
現在本醸造用と純米吟醸用の酒母が並んですくすく育っています。
昨日は岐阜県製品技術研究所よりお酒の技術指導に先生がいらっしゃいました。
普段はお忙しくてなかなかじっくり指導してもらえる機会がないので、この時とばかり日頃の疑問を一気にぶつけて色々話をしてもらいました。
酒造りは奥が深いな〜!
新酒のチェックでは”なかなかの出来だ”と褒めてもらいました。
内心かなりうれしかったんです。
その新酒”しぼりたて”ですが、おかげ様で完売です。
また来年をお楽しみに!

2006/1/27 本日本醸造の留仕込み。
年明けから酒母造りにとりかかりやっと1本の醪となりました。
これからはポコポコ醪がタンクに埋まっていきます。
ますます忙しくなる?!ということですね。
酒造りは始めてしまうともう後戻りができなくて突っ走るしかなく、休みなく作業が続いていきます。
2月いっぱいまで仕込みが続き、順次搾り作業でお酒が出来上がっていきます。
手造りとは聞こえはいいが、作業が大変と言う事で体重が減って?!いきます。
その分しっかり食べてしまうんですが・・・・
最近の楽しみは風呂あがりに飲む一杯!参考にいろんなお酒を買い求め、麹作業の合間にチビリチビリとたしなんでいるんです。
今の時期は新酒しぼりたてがおいしいですね。
新酒の粗削りながらフレッシュ感がたまんない!

2006/2/4 2本の醪がプツプツいっております。
1本目の本醸造が多少遅れ気味。2本目の純米吟醸が進み気味と、まあなかなか酒造りは難しいもんです。
ここにきて冷え込みが厳しくなり発酵が抑えられてきてます。
冷蔵庫の中で酒造りをする訳ではないので、お天道様次第ですね。
明日はジョイセブン(中津川・恵那地域労働者福祉サービスセンター)主催の酒蔵巡りで70名という多数の方が蔵に来ます。
中津川酒造組合とタイアップ企画で、この管内の9の酒蔵を駆け足で巡っていく企画。
70名が蔵に来るというのは初の体験なので対応できるかが不安ですが、当蔵は4箇所目なのでみなさん飽きてきる頃かな?と勝手に想像してます。
中津川・恵那地域に9もの酒蔵がある事を知っていない方が多かったらしく、応募が予定より多かったらしい。
地元においしい酒がたくさんあるんだからいっぱい飲んで欲しいですね。

2006/2/11 年明けの仕込みもあと2本となり醪が揃ってきました。
ここ一週間はいろんな行事と重なりハードな毎日でした。
今日は午後少し時間が出来るから車を洗おうと思ってたんですが、昼食をすませたら寝入ってしまった。洗車は明日にしよう!
蔵には今3本の醪があり、これを眺めるのが結構好きです。
すぐ表情が変わる訳ではないんですが、いい造りをすれば予定通りにj表情を変えてくれるし、下手に造れば想定外の事ばかり。
結構今年の造りは苦労をしています(まだまだだな〜)。

造りに没頭している間にトリノオリンピックが始まりましたね。
時差はあるし、造りはあるしで今回はあまり見られないのかな!
スピードスケートの清水選手を応援してるので、ガンバッテ欲しいな!

2006/2/18 暖かい日が増え、日も長くなってきました。
酒造りも終盤戦に突入し残りあと1本の仕込み。
純米系の仕込みは終了。仕込んで一週間もすると結構造りの良し悪しが分かって来ます。
反省点も見えて来る訳で、あれが原因なのか?とあれこれ考える日々!
酒造りは色んな要素が絡んでいるので原因を特定するのが難しく、毎年試行錯誤です。
今までの感想では、今年はお米がよく溶けた感じです。
当蔵のメインは”ひだほまれ”という岐阜の酒米なんですが、元々が溶け易い上に今年は輪をかけていた感じですね。
天候も寒暖の差が例年より大きいような!
3月に入ると順次搾りの作業に入っていくので、最終結果が楽しみですよ!

2006/3/1 更新をさぼっている間に3月。
3月の始めはもう少し寒かったような気がしているんですが・・・・。
長かった仕込みも終了!といっても搾り作業は連続で続きます。
搾りの作業も予定通り発酵が進んでくれればいいんですが、早いものもあれば遅いものもありなかなかうまくはいってくれません。
搾る機械(槽)は一台しかないのでバッティングしてしまうと優先度を考えて搾るしかない。
1回の搾り作業には3日間必要なので、その間はどうする事もできず発酵が進んでしまいます。
搾る頃にはどの醪も微弱な発酵なので3日間で驚く程になる事はないんですが、予定の日本酒度で搾りたいもの。
今年はこのままでいくとバッティングしそうな状況でちょっと悩みの種。
2月の後半が暖かかったのでもう少し寒くなってくれるといいな〜と都合のよい事を願って!

2006/3/19 やっと櫂入れのない朝が迎えられます。
H17BY産のお酒を搾り終わりました。
これで”ホッ”と一安心。
久々にゆったりできる日曜日。
たまったビデオを見たいし、読みたかった本もやっと再会できる。
今日はゆっくりしよう!

2006/3/24 すっかり日が長くなってきました。
毎日が早く気がつくと週末を迎えています。
搾りが終わりまずは一安心なんですが、これから火入れまでが結構大変なんです。
一生懸命造ったお酒をいい具合に熟成させる事が肝心。
しぼりたてのおいしさももちろんあるんですが、いい具合に熟成したお酒のうまさは格別。
熟成段階でどんどんお酒が変化して行きます。
今年のお酒は熟成で旨味が出る気がしていて楽しみ!
季節に会ったお酒の楽しみ方だ出来るのも日本酒の魅力!
今は新酒のフレッシュさをかみしめて今夜も一杯!!

2006/4/1 暖かくなったと思ったら3末は雪と今年はまったく気候が読めない年です。
巷では桜の開花とプロ野球の開幕等々春らしくなってきました。
甲子園でも岐阜城北高校がガンバッテいて、仕事の合間に応援しています。
酒造りが一段落したところで、これからイベントに出向いていきます。
4月8日(日)は岐阜市近郊の地酒専門店が主催する「美濃・飛騨酒蔵の集い」に参加します。
岐阜駅ビルのアクティブGで今年も開催されます。
交通の便もよく毎年たくさんの人が来場します。今年は純米吟醸と純米の新酒を持っていくので評判が楽しみ。

2006/4/8 4月なのに今日は寒い一日です。
造りを終えあとは火入れをする所までこぎつけてあと一歩。
まだまだやる事は多いなあ〜。
今は一生懸命造りの後始末をしています。
毎日洗物をして片付けていきます。今、手を抜くと来年の造りが大変だから!
早くも来年の造りに想いを馳せながらの作業。
その前にお酒を売らないとね!

2006/4/10 美濃・飛騨酒蔵の集いが昨日あり参加してきました。
昨年より入場者が増えたような感じがしました。
岐阜のお酒のレベルがどんどん上がってきているような感じもしました。
今年の純米吟醸、純米をもっていったんですが、まずまずの手ごたえでした。
少しずつ鯨波の名前も覚えてもらい、”昨年より今年のお酒のほうが好き!”とか”ホームページ見ましたよ!”なんてうれしい事を言って下さる方もいました。
来年もいいものを造って参加したいですね。


2006/4/14 机の周りが少しづつ片付いてきました。
仕込みが始まって以来、机の周りは書類が増殖する一方で山が高くなっていたんですがここにきて少し低くなってきました。
造りの終わりがこんなところにも現れてます。
仕込みの資料、販売の資料、イベント資料、見積、請求書等々、見るたびにため息がでていた資料が減ってその分気分も楽になってきました。
資料整理がうまい人は仕事もうまいというイメージがあって、結構まめにファイルに表紙をつけて綴じ込むようにしているんですが、今年は仕込作業に大半の時間をとられてしまったので机が・・・・。
パソコンのフォルダーも整理しなきゃな〜。

2006/4/18 週末は久々の東京遠征でした
小山商店さん主催の”多摩独酌会”に参加。
改めてすごい会である印象を受けました。総勢23蔵が全国からあつまり自慢のお酒の披露です。
来客が300名位だったでしょうか。
鯨波のブースをもらいお酒を注いでは色んな話をさせてもらいました。
出会いも様々。岐阜出身の方もいてお国自慢にはなもさきました。
50点のブラインド試飲で人気投票するコーナーもあり、まさにレベルの高〜いお酒をひたすら味わえるという酒好きにはたまらない会です。
あまり時間がなく全てのお酒を試飲することはできなかったんですが、気になるお酒はチェック!!
香り主体から味との調和への流れが加速している感じを受けました。
はやくも来年の酒造りが頭をよぎっています。

小山商店さんHP   ⇒  こちら   

2006/4/24 中津川が大騒ぎ。
こんな小さな街で起きた殺人事件。
とても信じられない!最近は何処へ言ってもこの話題が占めます。
こんな形で中津川が取り上げられるのが残念。
ちょうど一年位前は一家殺害事件があったばかりだと言うのに!
何かが狂い始めている気がする。   

2006/5/1 ノートパソコンを新調しました。
ウインドウズmeだからもう6年。すっかりスピードは遅くなり、イライラ度は120パーセント。
おまけにUSBに繋ぐ所がどうも壊れたらしい。
いつ立ち上がらなくなるかと思える位、へロへロ状態。
最近はパソコンもお安いしと思い、毎度の同級生が働く家電量販店へ。
確かに安くて早い。
最新機種はちょっとお高いが今だと春モデルがお値打ち!
在庫限りの言葉につられて購入。
昨日は一日設定にいそしんでいました。
無線LANを組んでいるのでそちらが厄介。当初はパソコン通で大学生の甥っ子に設定をしてもらって、事がある度に電話で聞いていたんですが、その甥っ子も来年は社会人。
そろそろ自分でやらねばと思い、説明書片手に四苦八苦。
どうにか繋がるようにはなったんだけど、これでいいのかなあ〜?!
早くなったパソコンはすこぶる軽快!!

2006/5/7 毎晩蛙の泣き声が心地いい季節。
一面の田んぼが掘り起こされ水が張られました。
例年であれば田植えの頃なんだけど今年は少し寒い。
来週あたりが頃合かと思う。
ゴールデンウイークの喧騒も終わり、落ち着きが戻る。
酒屋にとっては、少し余裕のある頃だ。
以前から一度行ってみたいと思っていた中部国際空港へお買い物。
空港とはいうものの観光目的の人がたくさん。
お店も充実していて、それなりに楽しめるものでした。
改めてこの地方のお土産ものを眺めていたら、愛知の”八丁味噌”や”えびせんべい”がおいしそうに並んでいた。
ゆで卵を八丁味噌でつけたものがちょっとブームらしい。
試しに購入。変わったお味でした。

2006/5/13 肌寒い中、今年の田植えが終わりました。
昨年に比べて一週間遅い。寒さの加減だ。
いつもであれば、暑くなって配達車の窓も全開のころなのに今年はまだまだ。
この辺りは山間部なので斜面を切り開いた小さな段々田んぼが多い。
地区名を”新田”といい、田んぼを求めて山奥へ入り開墾したんだろうと思われる。
現在は休耕しているところも多く生活もすっかり変わってしまったのが分かる。
今年は天候が何だか不安定だけど、これからすくすく育っていい米になってもらいたいと願うばかり!!

2006/5/20 東京で居酒屋をされている方が蔵見学にいらっしゃいました。
いろんな酒蔵を回っているらしくお酒にはかなり詳しいご様子。
今日も家が2軒目だったそう。
やはり田舎ぶりには驚かれていました。
途中で道を聞きたいが人がいなくて人を探すのに一苦労だったと!
蔵を一通り見学されて、”ますますおいしい酒を造ってね”と励まされました。
なんだかほんわかした日本酒が好きだというのがひしひしと感じられる方でした。
多分、自分の足で好きな日本酒を探しているんでしょう。
ちょっと羨ましい感じです。

2006/5/27 はっきりしない天候が今年は多いな!
今日も霧がかかっている。
裏山を越える峠の事を切越峠(きりこしとうげ)と言う。
霧⇒切になったと言われている。
視界の悪い峠を昔の人は苦労して超えていったのだろう。
峠を越えると別の町になってしまうのでとっても近くなのに交流が少なく経済圏がまったく別になる。
今は車ですぐなんだけど、歩くとなると峠を越える事は一大事でまったく別の街を作っていたんだろうか!?
最近は峠を特集したHPまである。由来や道路状況などが詳しく書かれていておもしろい。
切越峠も載っていて知らなかった事がたくさん。

美濃の峠 ⇒ http://www.gifukoku.go.jp/mino/index.htm

2006/6/5 6月4日は”美濃地酒を楽しむ会”があり参加してきました。
岐阜の美濃地方の10蔵のお酒を楽しむイベントです。
200人くらいの来場者で盛り上がりました。
今年で3回目を迎えるこの企画。運営も酒蔵の対応も慣れてきた感じでいろんなお客さんと話をする事が出来ました。
今回は多治見市での開催。陶磁器で有名な街です。
今年は純米吟醸、純米、本醸造を持込み試飲をしてもらいました。
写真があるといいんですが、一人でブースに立っているとなかなか写真を撮る暇がなくて・・。
それでも合間をみては他の蔵のお酒はちょびちょび頂戴して参りました。
レベルが上がってますね〜。
ガンバッテおいしい酒をつくらないとね。

会の終了後は近くの温泉で打ち上げ!各蔵の残酒を楽しんで満腹!

来年は瑞浪市での開催です。お楽しみに!!。

2006/6/12 すっかり6月
梅雨に入りワールドカップが始まる。
頑張れニッポン!。
日本代表の坪井選手は中津川(旧付知町)の中学校卒業らしい。
全然知らなかったんだけど、おおきな垂れ幕が国道沿いに現れてビックリ!
中学で転校してきて付知町のサッカー部でプレーをしたという。
当時もすごくうまかったらしい。
是非ガンバッテ欲しい。
さすがにユニフォームを着る勇気はないが、テレビにはかじりついて応援します。

2006/6/16 昨日の雨が上がり今日は暑い一日。
本日すっかり留守番モード!
みんな出払ってしまってこんなに天気がいいのに昼間からパソコン!
残ってる仕事はたくさんあるんだけど、蔵の奥で作業をしていると玄関の声も電話も聞こえない。
しかたなく事務所で書類整理をしています。
通り過ぎる車もすくなく聞こえるのは昨日の大雨で増水した川の音ばかり。
のどかな一日だ!!

2006/6/26 今年の梅雨はここまでは雨が少ないような!
カラッとした晴れ間が少なく曇った日が多い。
昨日は蔵の前の梅の実をとりました。
豊作、不作を繰り返すわが家の梅。今年は不作の年で数は少なかったんですが大きさはまずまず。
わがやでは梅干と焼酎づけの梅酒を造作ります。
昨年が豊作で梅干も梅酒もまだたくさん残っているのですが、今年は今年で採らないとね。
かなり老木になってきてるけどいつまで実をつけるのだろう?
花もいいけど、自家製梅干もいけますよ。

|ページTOPHOME