kuramoto kujiranami      HOME ■    

今月のトピックス

2005/8/5 ”暑いねえ”がこの所の挨拶。
配達に行くと天候があいさつ代わりになる事が多い。
いつも顔を合わせるお店の人とは天候の話をしてお酒を置いてくるなんて事が多いなあ。
関東に住んでるご友人からは、死にそうな暑さだというメールをもらいました。
都会の暑さはまた一味違って、アスファルトの暑さがダメなんだよな〜。
中津川は今日も夕立がきてすっかり涼しくなりましたよ。
夜、涼しいのが何より。寝てる間に暑いのが一番嫌いで、寝汗なんぞかこうものなら気持ち悪くて仕方が無い。
でも夏が寒いよりはずっといいね。
季節感が感じられなくなったら寂しすぎる。
これだけ天気だとお米の出来もいいだろうなとちょっとお酒の事も考えながら・・・。
この当りの田んぼも穂が出てきました。
これから8月も終わりになると、風が変わってくるんだよね。
ちょっと秋の気配のする風になってくる(ちょっと涼しい風になるだけ?!)

2005/8/14 地元のお祭りもひと段落。
お盆で田舎は賑わっています。
お盆と正月には車の量がいつもの数倍。渋滞なんか考えられない所で結構混雑しちゃったりします。
この時期、蔵はなんとなく夏休みでひっそりして静寂を感じます。
蝉の声とジリジリした日差しが”夏”を感じます。
それでも夜は涼しくなりました。
朝方はちょっとひんやり!。
お盆には都会へ出て行った同級生たちが帰って来て同窓会も花盛りなんですが、自分の年代は不精が揃っているのか?幹事役が居なくてもう何年もありません。
今年は酒粕出足が早くて無くなってしまいました。
酒粕自体もアミノ酸たっぷりの健康食品なんですが、この当りでは、やはり漬物用がよくでるんです
酒粕もあまりギューギューにお酒を搾ってしまうとおいしくなく、お米の成分がふんだんに入っている方がおいしいです。
わが家は搾りの機械自体があまり圧力のかけられるものではなく、程よくお酒を搾っているせいか、とてもおいしい酒粕になります。
自分も小さい頃からこの酒粕の漬物がとても好きでした。
今年はまだ欲しいという方もあるんですが、残念ながら売り切れです。
これ位お酒も売れると有難いんですが・・・。

2005/8/19 お盆休みも終わりいつもの風景が戻ってきています。
まあ自分の場合は休みはあってないようなもの。
このお盆休みにはちらほら蔵へお酒を買いに来てくださる方が・・・・。
普段は車の通行量もすくなく、国道から6kも離れた山の中へやってくる様な方はあんまりいないんだけど、この時期とお正月は、ちょっと変わった道をドライブしていたら酒屋があったので寄ってみたというお客さんがちらほら。
うちも店舗を構えている訳ではなくて、事務所の片隅に商品を並べているだけなので、買いにくる人も恐る恐る入ってきて”お酒買えます?”という方が多い。
昨日も名古屋の方が立ち寄っていかれました。
こんな所でお酒を造っているんだ〜と感心してました。
自分でもよくこんな山の中で酒を造り始めたもんだと感心します。今は車があるのでいいんですが昔は歩き&馬?だったんだろうと思う。
不思議がられる人には、やはり水がいいからこの地に蔵を建てたんでしょうと説明をしている。
実際、今現在も山の湧き水を使って酒を造っていられるんだからいい所?だよね。

2005/8/26 この辺りは台風の影響も少なく、稲も無事に立ってます。
もう8月も終わりに近づき、風が少し秋めいてきました。
という事は、今年の酒造りも近づいて来たという事。
連日、今年の酒造計画に頭を悩ましています。
今年の出荷状況やら、来年力を入れたい商品やらの配分を考えて計画を立てるんだけど、例えば大吟醸系をたくさん造りたくても、出荷が少なくてはダメだし手間もかかるし等々考えると色んなパターンが出てきて悩んでしまう。
そんな中、純米系はまずまず好調なので、来年は増やそうとおもっているんです。
どんなんが出来るんでしょうか!?
先シーズン、お米を蒸す釜がひび割れてしまい、新しくしたのでその影響がどう出るかもちょっと不安&期待。
基本的には一緒の釜なので、違いは少ないだろうと考えているんですが・・・。
釜の容量は殆ど一緒なんですが、外寸が変わった為、甑を乗せる台が合わなくなってしまったので、この所補修三昧。
なんとかうまく甑が乗るようになりました。
蔵を訪れる事があったら、注目!ですよ。

2005/9/2 9月ですよ〜。
気候はすっかり秋めいてきました。
といっても昨日、今日は結構暑い!。
11月からまた酒造りが始まります。今のうちにやっておきたい事が山のようにあるんだけど、ちょこちょこ仕事でなかなかはかどらない。
先週は酒造組合主催のお酒の輸出セミナーが岐阜市であり行って来ました。関心が高く県内の蔵元がたくさん集まり熱心に聞き入ってました。
輸出はどうやってやるんだそうというHOW TOを知りたいというのが一番の目的だったんですが、現状について色々話を聞く事ができました。今、日本酒はアメリカと台湾でブームらしい。日本食にひっぱられる形で広がったらしく高級酒がでているとの事。
でも本気で輸出を考えるならそれなりの”時間とお金をかけない事には成功は難しい”という大変ごもっともなお話でした。
日本でお酒が売れないから海外で何とかという安易な考え方では、通用しないというのがよ〜く分かりました!?

2005/9/10 明日は選挙だそうで、岐阜も刺客とやらで賑わっています。
最近は期日前投票ができたので、この所活用していたんですが、今回は少々忙しく明日の投票日に出向きます。
この当りは廃止になった保育園が集会所として使われている所が投票所です。
60軒ほどの集落で一つの投票所なので、誰が投票に来ていないかが一目瞭然。
行かなかったら悪い事をしているようで、行かない訳にはいかない。田舎の投票率がいいのはこういった目があるからだろうと思ってしまう。
今回は岐阜も、郵政民営化に反対した議員さんがたくさんいらっしゃっていつになく賑わしい。
さて、どうなる事やら!!

2005/9/15 すっかり秋、というわけで刈り入れです。
稲の香りと土の香りと風が秋ですね〜。
今年は機械のご機嫌が悪くなかなかうまく進まず、気ばかりが焦って精神的に良くないな〜。
おまけにこの間の台風で稲がかなり倒れてしまい、機械刈りができない部分があって、母親がせっせと鎌で刈っております。
これぞ稲刈り、と言いたいが、機械に慣れきってしまった自分には、はがゆい。
でもやっぱり実りの秋はいいですね!!

2005/9/22 先週末から今週の初めにかけて関東遠征をしてきました。
酒造りが始まると山篭りになるので、ご挨拶やら飲食店ではイベントをさせてもらいました。
イベントに参加して下さった方々、本当にありがとうございました。
すっかり仕事を忘れ、おしゃべりをしては飲みと大変楽しく過ごせました。
17日、18日は目白にあるビストロ・アミさん。
冷だけでなくお燗酒までして頂いて、日本酒の魅力がました事だと思います。
19日は川崎の居酒屋”わが家”さん。
イベント終了後も店長始めみなさんと楽しくお酒が飲めました。
本当にありがとうございました。

ビストロ・アミさん⇒http://www5a.biglobe.ne.jp/~n-ichi/ami/index.htm
わが家さん    ⇒http://www.ap-co.net/

2005/10/2 すっかり秋ですね〜。
もうすでに酒造りが始まっている所もあるようですが、家はこれから本格的に準備にとりかかり11月からお米を蒸す予定。
この所、用事が重なって更新をサボっている間に10月1日の日本酒の日も過ぎてしまった。
10月1日が何故日本酒の日かと言うと、干支の10番目が酉(とり)で、この酉はもともと壺を現す字で日本酒を指すことからだとか。
10月位から酒造りが始まる事にも関連しているらしい。
本格的な日本酒シーズンになったということだな。

先週は居酒屋さんに入れた酒燗機の調子が悪くて、なかなか原因がわからずとっても苦労。
とりあえず、直ったんですが、原因不明だからまた壊れるかも?
お店では調子が悪くて何度やってもお酒が熱くならないんだけど、家へ持帰るとしっかりおいしい燗が出来上がるとは不思議!
これから、燗の良い季節。お腹にもやさしい燗酒はお勧め。

2005/10/7 11月からの仕込みに向けてせっせと蔵のお掃除です。
とは言うものの最近、あっちへ行ったりこっちへ行ったりでなかなか掃除が進まず、イライラしていたんですが、今日は蔵こもりっきり。
小さな蔵とはいえ、仕込蔵、貯蔵庫、釜場、麹室等々、自分にとっては広大な場所。
今年は夏場にある程度、整備をしておいたので比較的楽なんだけど大変だ〜。
グッタリでもお酒はおいしいな〜。
この所、めっきり寒くなって(眠るのにはいい季節だ)、夜はパーカーを羽織って酒造計画を練ってる。
先日、ある方のご紹介できものを着て雑誌?に投稿をしました。
普段きものを着る機会がないので、四苦八苦。夏祭りでゆかたは着るんだが、その他のきものははじめて!
当然きものもなかったので、紹介してくださった方に借りました。
夏物で風通しもよく着心地はグッド。典型的な日本人体型の自分にはきものもいいなあ〜とちょっと自己満足。
お酒のイベントとかにきものを着ていくのもいいかな〜(ちょっと目立つかな?!)

2005/10/14 すっかり更新のスピードが・・・・。
岐阜の中島屋さん主催の料理と日本酒を味わう会に出席して来ました。
お酒好きの人たちを集め、毎月のように会が開かれます。
県内の蔵元もたくさん集まる会なんですが、今回は仕込がそろそろ始まったり、地元のイベントがあtったりして少なめでした。
家も来月から仕込みが始まるのでしばらく山篭り。来年の暖かくなる頃までは行けないかな〜。
鯨波の宣伝もあるんですが、色んな種類のお酒を飲めるので結構、勉強になって楽しんじゃってます。
日本酒はやっぱりおいしいね〜。
1時から7時までず〜っと日本酒オンリー。飽きずに飲めますよ。
うちは岐阜の東端なので岐阜市へは、電車で一度名古屋に出てから向かいます。
正規の電車代よりもお得な青空フリー切符を買い、ちょっと遠足気分!
普段あまり電車に乗らないので、名古屋の乗り換えでキョロキョロしながらスポーツ新聞を読みふけっておりました。
パリーグのプレーオフが盛り上がってるんだね。
日本シリーズが終わる頃には蔵から蒸気があがります。

中島屋さんのHPは⇒http://www4.ocn.ne.jp/~nakashim/

2005/10/23 昨日からすっかり寒くなりストーブを出してきました。
酒造りの準備も着々と進んでいます。
酒造りには雑多の道具がありそれを洗い、セットしていきます。
それにしてもたくさんの道具があるもんだと自分でも感心してしまう。
夏の間は蔵の2階にしまいこんだ道具を一つづつ階下へ運ぶだけでもヘトヘトになるほど!
一日に何往復する事だろう。
でもやっと道具を洗う段階まできてちょっと”ホッ”としている。
これで加速して準備が出来る。
洗いものの干し場もできあがった。蔵の隣の田んぼに6メートル位の竹を竿にしして組んでいく。
この干し場が出来ると、近所の人から”今年も始まるねえ”と声を掛けられる。
自分の中では、この干し場が酒造りの象徴のようにも思える。

そんな準備の間の日曜日の今日はお隣りさんの結婚式に参加してきました。
この辺りは長男の結婚式には必ず両隣を招待します。
自分の時は結婚式を東京でやったので、こちらからわざわざバスで来てもらった。
今から考えるとご苦労な話である。
今回は中津川の結婚式場、バスで送迎してくれると言う事でそれに便乗して、腹いっぱい飲んできました。
久しぶりたったのでズボンが入るかどうかが問題だったんですが、今日を予想して少し大きめのズボンにしておいたのでなんとかクリア?!
かっこいい新郎ときれいな新婦で良い結婚式でした。お幸せに!!

2005/10/29 酒造りの準備&準備。
ずっと準備の事ばかり書いてる気がするがまだ準備。
事を始める場合は何でもそうだと思うんだけど、実際に始めるまでの労力が一番大変だと思う。
始まってしまえばある程度、妥協?するしかない部分もあるんだけど、事前に出来る事は凝りだしたらキリが無い。あれもこれもやっておきたい事ばかり。
それを何処までやっておくかかが重要だと思う。
そうゆう意味で今年は順調にいっている気がする。
これからが本番といった感じ。
今年は日本シリーズも早々に終わってしまいちょっと拍子抜けしちゃったんだけど、ロッテは良くやったなあ〜(別にロッテフアンではないですが・・・)。
バレンタイン監督のモットウは野球を楽しむ事だとか!
楽しみながら結果をだせたらこんなにいい事はないと思う。
野球に限らない事だよね!!


2005/11/3 あっという間に11月。
いよいよ酒造りの始まりですって明日から米を洗います。
大分、寒くなってきたとは言えまだ酒造りには少々暖かい。
この時期はタンクに冷水マットをまいて冷やしてやらねば!!
山篭りの前に商工会の青年部の旅行で京都へ行ってきました。
まだ紅葉には早くて残念でしたが、過ごしやすくてしっかり寺院を回ってきました。
今回の目玉は座禅!!!
それもかなり本式なもの。
嵐山にある天龍寺。観光座禅ではないという脅かし?!を受け興味津々で受けてきました。
日頃、酒浸りの青年部員にとってはきつ〜い一時間半でした。
まず30分の正座。足がまったく自分のものではなくなりました。でも誰一人としてねをあげるものがいなかったのには驚き?!和尚さんにもこれはお褒めを頂きました。
それから座禅。まったくの静寂かと思いきや、和尚さんがいろいろお話をしてくれました。
酒造りを前に身が引き締まるおもい!
明日から始まります。

2005/11/11 はじまりました。
今年も酒造りシーズンの到来です。
いつも最初は酒母をたてない簡易な仕込をします。
といっても酒にする訳で通常の3段仕込みで造って行きます。
この一週間で1本の醪が立ちました。
まずは今のところ?!順調にいってます。
この時期は暖かいので醪が暴走しがち!タンクにマットを巻いて冷却しながらお酒にしていきます。
8日は東京から小山商店の小山さんがいらっしゃいました。
酒造りを見て頂いたのと今この辺りは紅葉が見ごろで、二ツ森山まで行き堪能して頂きました。
いつもは忙しくてなかなかお話できない小山さんとじっくり話をさせて頂きとっても参考になりました。
小山商店さんのHPはこちら⇒http://www.sake180.cc/
酒造りが始まると、肉体的、精神的に非常に疲れる。
これから来年の春まで眠れない日々が続きます。

2005/11/16 すっかり酒造りシーズン到来。
朝から晩まで没頭してます。
今は2本目の仕込み。1本目は5日目を向かえ順調にいい香りを出しています。
1本目は今が一番発酵が旺盛なときで泡はモクモク、香りはプンプンの状態。
この液体があのお酒になるとは造ってる本人ですら到底信じられないくらい。
昨日はたまたま酒蔵を見たいという人がいらっしゃったので、蔵の中を案内しました。
発酵中の醪は香りもいいんですが、炭酸ガスを大量に発散しているので、見学にいらした方がすごい形相になってました。
このタンクに転がり落ちたらイチコロですよ。

2005/11/20 造りが始まると一日が早い。今日何をやって明日の為に何を用意しなければならないかを考えていると終わってしまう(かなり大げさですが・・・)。
日没も早いので5時にはもう真っ暗で何だかちょっと悲しいような!
メインの画像を釜&醪に変更しました。
造りが始まってからもう半月近くたってやっと更新です。
今の所順調にいってますので、にごり&しぼりたてを12月10前後には出荷できそうです。
お楽しみに!

2005/11/25 怒涛の11月が早くも終わりそう。
突っ走った一ヶ月でした。まだあるんですが・・・
今日で3本目の留仕込み。これで年内分の仕込みは終わり。少しは気が楽になった。
あとは四段掛けと搾りの作業で今年は終わり。
3本とも順調にはいっているので、何とか年は越せそうです。
今日は金曜日だそうで、仕込みが始まると曜日感覚がまったくなくなる。
”かみさん”が金曜の夜に出かけるので、それで週末だ!と確認しているようなもの。
日曜の夜の久々の飲み会を楽しみにしている今日この頃・・・。

2005/12/2 早、師走この時期けっこうおもしろいテレビが多いんだよね。
すっかり酒浸り(のむほうではありません)の毎日でビデオの山。
いったいつ見られるのだろう?!
そんな事はさておき、1号を上槽しました。酒蔵では仕込順に番号をふってその番号で会話をするんです。
1号とは1本目。どうなる事やらと思ってましたが、まずまずの出来ですね。
これで”にごり酒”を造りました。
今日から壜詰めを始めたので明日から出荷で〜す。

2005/12/5 少し早い寒波。この辺りも例に漏れず、雪がポッポとふっております。
もう15cm位は積もっただろうか!?
この時期の大雪は想定外!(流行語大賞をちょっと)。
タイヤをまだ換えていないのでどこにも出かけられなく、たまたま今日は配達がなかったからよかったものの・・・・。
明日晴れたらタイヤ交換せねば。
この寒さで醪が一気におとなしくなりました。先日までは元気がありすぎたのですが、これで落ち着いた感じですね。

2005/12/18 雪かき、壜詰めの繰り返しの毎日です。
また大雪でもううんざりだ。
一回目の雪が氷つきその上に新雪が積もり、屋根の上は恐ろしく高くなってきた。
寒い地域ではあるんだが、何メートルも雪が降る所ではないので、構造がそれ程強くはなく少々心配。
車庫はあまりにも心配だったので雪降ろしをしました。
車が奪われたら生活が出来なくなるこの恐ろしさ!
また、ポッポと雪が降り始めた。峠は越えたと天気予報では言うが、明日もまた雪かきなか!
お酒は順調に出来上がり、’にごり酒’’しぼりたて’ともフル稼働で出荷をしています。
是非、お試し下さいな!

2005/12/24 もう雪はうんざり!
12月はただでさえ忙しいのにこの寒さでスケジュールがさらにタイトになった感じ。
名古屋近辺の高速道路は軒並み通行止めで、宅配便も大幅な遅れ。
いつも集荷に来てくれる日通のおじさんもすっかり嘆いていました。
当蔵の荷物も遅れ気味です。もし遅れた方がご覧になっていたらすいません。
こんな事は何十年に1回と思い、お許し下さい。
この辺りもすっかり雪国状態です。いつになったら溶けるのやら?!

そんな合間を縫って地元のインターネットサイトを運営するタケカワ企画さんが酒蔵の取材にいらっしゃいました。
2月の市町村合併で中津川には6の酒蔵ができました。
小さな市にしてはかなり多く、その特集を組みたいとの事。
いろいろお酒の勉強をされたようで、造りに関すること、歴史に関するたくさんのお話ができました。
来年には全蔵の記事が揃って掲載されるようでよ。
恵那山ネットのアドレスは ⇒  http://www.enasan-net.ne.jp/index.html

PS  取材に来られた’こばち’さんよりブログの紹介をして頂きました。
私の支離滅裂な話をきれいにまとめて、かっこよく書いて頂きました。
 ⇒ http://blogs.yahoo.co.jp/cobachi_cobachi_cobachi

2005/12/28 今年も残りわずか!
鯨波を応援して下さったみなさま。いろいろありがとうございました。
12月のピークもなんとか乗り越えられた感じです。
一時は、お酒の搾りから瓶詰め、配達等々立て込んでパニック状態でした。
雪はまったくの想定外で、この寒さにはうんざり。
水回りは凍結するし、なにより作業がきつい。手が足が悲鳴をあげてます。
ここまでくれば年内はやっと先が見えました。
来年早々には吟醸の仕込みが始まりますのでご期待下さい。

|ページTOPHOME