kuramoto kujiranami      HOME ■    

今月のトピックス

2005/5/1 何故か月日の経つのが早く、もう5月。
我が家の桜も散ってしまいました。
あまりお酒が売れているという実感はないんだが何故か忙しい。
今年もゴールデンウイークは地元で行われる”うきうき広場”の準備&開催で2日間は取られてしまう。
地元のボランティア有志に商工会の青年部が協賛して行うこどもの日イベント。
当日は昔遊びやバザー、各種イベントが旧福岡町商店街を歩行者天国にして行われます。三輪車レースは青年部が担当。
私は多分、拡声器で次は○○君ですよ!!なんぞと子供達に振り回されている事でしょう!?
そうそう今年は5月8日から10日迄、合併記念で新中津川市産業祭というのが中津川駅前で開催されます。合併で中津川市には6の酒蔵ができました。
こんな小さな街に6個は多いだろうとお思いになるでしょうが、これは水と米がいい証拠ですよ。(まったく)
という訳で駅前のにぎわいプラザ(旧ダイエー跡)に酒蔵のブースができます。
展示中心ですが鯨波も出展しますので覗いてね!!

2005/5/7 ハードなゴールデンウイークが終わろうとしています。
今年は8日迄を一般にはゴールデンウイークと言うのだろうか??。
決して渋滞に疲れたとか行楽地で疲れたという訳ではなく、田舎なりの忙しさがあるんです。
締めは田植え!!。
明日の日曜はのんびりしたい一心で一日で一気に植えてしまいました。
実際にはまだ植えた苗の手直しがあるんですが、そちらは母親の役目と言うことで自分は機械でひたすらまっすぐ植える事。
乗り込んで運転する機械なら楽なんですが、お値段が高いのと、うちのような細かい田んぼは小回りが必要なのでレトロな手押しの田植え機なんです。
これが結構大変。一日中足場の悪い田んぼをいったり来たり(いったい何往復したんだろう?!)。
明日は筋肉痛でしょう!

2005/5/12 イベントのご紹介。
6月5日(日)中津川市にぎわいブラザ1Fで”美濃地酒を楽しむ会”が開催されます。
地元中津川に県内の11蔵、特別参加で県外から2蔵が参加します。
昨年の瑞浪市に引き続き中津川市で2回目の開催。
昨年同様、試飲形式で、利き酒もあります。
今年は参加蔵も増えてパワーアップ。
いろんなお酒が会費1000円で飲めますよ〜。
前売り券が当蔵にもありますのでご近所の方で行ってもいいかな〜?とお考えの方はメールにてご連絡下さい。
今年は新しくなった純米吟醸を持参するので、是非味わってみで下さい。

今日は寒〜い一日です。なんとストーブが復活!
雨がしとしとと降っていて、消防の練習はお休みなのでネットの更新に励んでいる訳です。でもまさかまたストーブを着けるとは思わなかった!!

2005/5/17 岐阜市方面へ配達&御用聞きに行ってきました。
山を登り谷を下り川を渡り、段々都会?に近づいていきます。
少し時間があったのでいつもと違うルートで岐阜入り。
万博はあるし、岐阜県花フェスタも開催されているので、いつの間にか道がきれいになってる事。
ナビにも載っていない道がいっぱい。
地元とは言え岐阜市周辺は実は苦手!
以前にも書いたんですが、遠出の買い物は名古屋が多く最近岐阜近辺へよく行くようになったんです。
昨年までは路面電車も走っていて、それを気にしているとつい、道を間違えたり!!
路面電車も風情があったんですが、車の運転の時は邪魔だったんですよね。
岐阜市まで行って帰ってで一日、200キロは走ったでしょう。
夜は恒例の消防があったのでそちらに参加。
結構、ハードな一日でした。

2005/5/23 やっとハードディスクを増設しました。
今のパソコンの容量がいっぱいになった訳ではなくて、バックアップの為。
今までバックアップをとらないでやってきたのが怖すぎた訳ですが、これで一安心。
枕を高くして寝られます(古〜い!!)。
デスクトップとノートを一台づづ使っているんですが、ノートは”かみさん”専用でデスクトップは事務所に置き自分が使っているんです。
会社の情報もこのデスクトップに詰め放題状態で、突然壊れたら真っ青になるのを少々気にしていたんです。
以前、私用で使って居た時に突然壊れて、痛い想いをしたのにいつのまにかまた詰め放題。
パソコンが壊れなくたって、地震で壊れてしまったかも?!

昨日、うわさの土岐アウトレットに行ってきました。
さすがに大きな所でした。普段はくジーンズを買いたかったのと、どんなものかを視察がてら、たくさん歩きました。
夫婦揃って歩き回る事は、きらいではなく、あちこちのお店をただ覗いて歩くだけでも結構楽しいもんです。
お目当てのジーンズを買って、ちょっと高いランチを取って満足して帰ってきました。

2005/5/24 全国新酒鑑評会の結果が20日にでました。
うちは酒質に納得がいかず出品をしませんでした。
この業界では、この賞に入る事は大変名誉でそれこそ心血を注いで造ります。
今年も一般公開が広島でありますが、3年前に一度行った事があります。
すばらしい酒ばかりでした。フルーティーで香りが高く、最高のお酒と言っていいでしょう。
結果が酒類総合研究所のHPで公開されています。
 ⇒ http://www.nrib.go.jp/index.html
今年のうちのお酒は、味はまあまあだったんですが、香りが少なく、気に入りませんでした。
賞に入る事を目的とした酒質を造るのがいやで初めから出品しない蔵もあります。
でも、こうした賞がある以上、ある意味、負ける訳にはいかないんです。
今年はダメでしたが、来年こそはなんとかしたいもの!!
結果を見ていたら、新潟の友人が杜氏を勤める蔵が入賞していました。
これには、本当にうれしくおめでとうメールを早速送りました。
ちょっと羨ましかったりするんですが・・・・。
来年は負けずにがんばらねば!!

2005/5/31 田舎の人間には、一大イベントの消防操法大会が終わりました。
旧福岡町の予選会で、これに勝つと、中津川市の北部大会に進出するというもの。
無事、我地区は予選を突破できず、これで毎晩続いた練習もおわり。
とっても”ホッ”としました。
旧福岡町も四つの地区に分かれていて、それぞれで練習をつんで大会に備えます。
大会当日は、若手がさしづめ勢ぞろい。いつも思うんだが、こんなに若い人がたくさんいるんだな〜と感心してしまう。
昔は、農作業を終えてからこの練習にみんなが集まってきていたと思うんだけど、最近はサラリーマン化が進んで、仕事をしぶしぶ放り投げて練習に参加している人がほとんど。
あまり練習を休むと回りの人に迷惑がかかるので出なきゃいけないし、仕事は溜まるしでみんな結構、ピリピリ。
岐阜県内でも消防操方大会を中止した所もあったと聞く。
時代にあったイベントにしないとね!!

2005/6/4 一年で一番過ごしやすい季節だろう!。
暑くもなく寒くもなく、気持ちはあれもこれもやらなきゃと思うんだけど、ついうっとりしてしまう気候。
風は爽やかだし、空気は澄んでる。
昨日は夜中のサッカーで朝から眠いのなんの。
とはいうものの一度寝てしまい、起きたら既に後半15分で残り30分しかみられなかった始末。
でも一旦目が覚めてしまうと今度は寝られなくなって朝方までゴロゴロ。
おかげでねむ〜い。
でも勝ってよかったよね〜。今度の北朝鮮戦もがんばれニッポン。

2005/6/7 5日の”美濃地酒を楽しむ会in中津川”に参加してきました。
今回は中津川(地元)開催なので、前売り券をお知り合いにたくさん買ってもらい、当日もたくさん来てもらったので地元ネタからお酒の話までたくさんできました。
13の酒蔵+お豆腐屋さん+漬物屋さん+寒天屋さんとお酒と食品が揃いました。
お酒のつまみにお豆腐も良かったのでは!
このお豆腐が好評で、を食べたくて仕方がなかったんですが、食べ損ねてしまった。
来年も来てくれたらいいな!!
地元開催なので朝は時間に余裕があり、のんびり準備。
恒例の仕込水を一升壜につめ、忘れ物のチェックをして愛車のEVERYに詰め込み出発。
場所は中津川のにぎわいブラザ、昔はダイエーだった所。今は市の施設になってますが、自分が小さい頃には賑わっていて、いつも”ダイエーに行きたい”と駄々をこねていた場所。久しぶりに入ると思ったより小さく感じられましたが、幼少の頃をちょっと思い出してました。
にぎわいプラザに着くと、既に”中津川日本酒友の会”のみなさんが開場設営をほぼ終わられている頃でした。
お酒、ディスプレイ用の小物、化粧樽をセットして、しばし休憩。
お昼がまだだったので、これまた何十年ぶりかで、中津川駅の立ち食いそば屋へ。
それなりのお味でもなんだか感激!!
午後2時からの開場で終わってみれば200人位の来場者だったとか!?
本音を言えば、こんなに集まるとは思っていなかったのでちょっとビックリ。おししい日本酒を再発見してくれる人が増えて来ていると思いたい!
出展蔵は、さすがにご自慢のお酒をたくさん持ってきていました。
鯨波もまずまずに人気でしたよ。(そう言っとかないとね?!)
純米吟醸、純米(生)、本醸造の3点を持っていたんですが、純米吟醸の減りが一番良く、評価もまずまず。
会の終了間際には各蔵さんのブースへお邪魔してお勧めのお酒を飲ませてもらいました。レベルが上がってきてるな〜と実感。
会の終了後は居酒屋で打ち上げで、すっかりおいしいお酒(会の余り物)を堪能して帰ってきました。

2005/6/13 いつの間にか東海地方も入梅。
でも今日はすっかり夏模様。しっかり洗い物をして中庭で天日干し。
これから雨が多くなると、結構カビが生えるんで、今の内に、洗えるものは洗って干しておきたい。
冬場の仕込みで使う櫂棒!これも放っておくと、緑色したカビがはえたりするんだよね。
多分、麹菌だと思うんだけど!!
お酒を一升壜に詰める時に少しでもお酒が着いていたりすると、カビが生えるので、瓶詰め後に水洗いしておかないといけないし、結構気を遣う季節なんです。
話は変わって、愛知万博へ先週行ってきました。
いつでも行けると思っていたら、この時期になってしまった。
10万人の人出の日で、数字的にはそんなに混雑してないはずなんだけど、実際は人、人、人・・・・・
あまり並ぶのは好きでないので、もしかしたら、別の所が空いているかも?と思い移動しても人、人、人。
大地の塔だけは絶対見たかったので、40分待ちで入ったのはいいが、ちょっと予想と違っていてがっかり。
それでも朝9時から夜8時まで、食べては歩きの連続で色んな国のパビリオンを見て回りそれなりに満足!!

2005/6/23 18日に東京、八王子豆腐割烹”雪花菜(きらず)”さんで鯨波の会がありました。
2ヶ月に一度のペースで蔵元を囲んでの会があります。
今回の6月は当蔵をお招き頂いたんです。
ここから八王子まで車で5時間程で行けるので、6時からの会に間に合うよう+少し余裕を持って11時には出発しました。
5時半には”雪花菜”さんに到着。店の前には”岐阜県 鯨波を囲む会”と書かれた大きな張り紙が!!(まさに感動)
ここでデジカメを忘れて来たのに気づき、急遽コンビにで使い捨てカメラを購入して撮影!
6時近くにはお客様もおみえになり会はスタート。
この日は鯨波の5アイテムを順に飲んで頂きました。
酒通の方が多く、つっこんだ質問にしどろもどろになりながらも楽しく話をさせてもらいました。
お料理も大変おいしく、この日の為に長良川の鮎料理まで!!
すっかり話が弾んでしまいホテルの門限が過ぎているのに気づき”雪花菜”さんのご主人と奥様にご挨拶をして帰路についたつもりが、”あれ、ホテルが無い”状態!
帰り道はご主人に丁寧に教えて頂いたはずなのに!!
結局、八王子駅までもどり、一からやり直して無事到着。
もう間違えません。

”雪花菜”さんのホームページは、⇒こちら

2005/6/27 雨が降らない梅雨が続いています。
この辺りは山水を使っているのでまず水が枯れることはないんだが、今年はちょっと異常だ。
お米的には、日照があればまず問題ないんだが、このまま雨が降らないとちょっと心配だな〜。
今晩あたりから降るという予想なのでとりあえずは大丈夫かな?!。
いつの間にか今年もツバメが巣立ちました。
以前は玄関先に巣を作っていたんだが、ここ3年ばかり蔵の前の納戸に巣を作っています。
ちょっと前まで口を大きく開けて、親鳥から餌をもらっていたかと思ったら、いつの間にか、巣が空になってた。
おかげで日中は蔵の中に入ろうとするので、追い払いが必要。
光を反射するテープを蔵の入り口につけて、入らないようにはしているんだが・・・
まあこれも風物詩と思って付き合ってあげよう!!

2005/7/4 やっと梅雨らしくなってきました。とは言っても一気に降りすぎ!!
これで水不足は解消だろう。
そんな梅雨の合間に堀田商店さん率いる”中津川日本酒友の会”の方々が蔵見学にいらっしゃいました。
蔵見学と言うよりは、蔵の中で一杯やろうの会!
だんだん蒸暑くなってきたので、会場は土蔵の仕込蔵!ただでさえ涼しい土地なのに、土蔵の蔵はさらにひんやり。
なかなか風流な会になりました。
テーブルはタンクの蓋、椅子はお酒のP箱、グラスは蛇の目の利き猪口と酒蔵らしいおもてなし?!
気さくな方たちでマナーもしっかり守って下さり楽しくお酒を飲めました。
6月の”美濃地酒を楽しむ会”で食べられなかった中島豆腐店さんのお豆腐もつまみにあるではないですか!一ヶ月遅れで念願達成。
ちょっとお塩をかけて食べると美味。おいかったですよ!
酔い覚ましに、蔵の外に出てみると蛍が優雅にユラユラ!
なんていい所なんだ〜と自画自賛!
最後は粕漬けを食べて頂き、お互いろれつの回らないあいさつを交わし、帰路につかれました。(もちろん運転手の方はウーロン茶でお腹がいっぱいですよ!)

会の様子は⇒こちら

2005/7/11 本日、机に向かって数字と格闘!!
酒造年度が変わったので酒造組合やら税務署にだす書類がこの時期どっとやってきます。
酒造りの年度は7月〜翌6月迄でBY(ブリュワリーイヤー)といいます。
この一年間でどんなお酒をどれだけ造ってその成分はどんなもんかというのをこと細かく報告しやくちゃいけないんです。
製造だけでなく販売に関しても、事細かく、1リットルの狂いも許されない厳しい世界なんです。
これが合わないんだ。まったく!?
がんばろう!!

2005/7/16 16BYの集計も済み、これから17BY。
早くも今年の造りの事をいろいろ考えています。
仕込の本数や順番、全体を考えて今年の予定をたてるんですが、この作業が結構手間がかかるんです。
実際に造りを始めるのは11月になってからなんですが、今のうちにきっちりと計画を立てておかないとね。
今年の大きな特徴は、出稼ぎの杜氏集団をやめ、自分でお酒を造る事としました。
これが結構、おおきな決断。
今までも自分で造っていたんですが、全量を切り替える訳です。
考えれば考える程、たくさんの作業を手際よく片付けていかないと、うまく回らない。
計画を立てるのは、大変なんだけど、結構好きです。
このお酒はこう仕込んで、経過はこうして・・・等々考えていると、時間の経つのが早い。
今年の造りは今まで以上に目が離せません。

2005/7/23 梅雨もすっかり明け暑い毎日ですね。
暑いといってもこの辺りはまだ、過ごしやすく、明け方はちょっと涼しい位。
最近は酒粕を詰め、生酒を詰めては、配達という日々が続いていました。
今年は特に酒粕の人気が高く、もう在庫があまりない状態。
この時期はのんびりできそうで出来ない。
夏祭りが3回もあるんで、その準備に忙しく、決してお酒の出荷が忙しい訳ではなく、イベントの準備や出し物の練習にと連日へとへと。
今週が榊山神社の祭典、来週が菅原神社の祭典、8月7日がふくおかふるさと祭りと続くんです。
そんな合間の来週は、毎年恒例の南部杜氏研修会で岩手へ行ってきます。
ネットの更新やメールの返信も一週間お休みしますので、少しお待ち下さい。

2005/7/31 岩手遠征から帰ってきました。
一週間いないだけだけどすごく長い間留守にしていたような感じ。
岩手はやはり涼しかった。今年で3回目なのでそれなりに慣れてきて宿泊も同じところでのんびり。
実際の講習は4日間で、おもしろいのもあれば眠気に耐えられない講習も。
面白くって実になる話は時間を忘れて聞き入ちゃうから不思議。
講師の人柄や、内容やしゃべり方で差がでてくるからしゃべる方も大変だな。
南部杜氏の講習なんだけど、県外から若い人たちもたくさん参加。
実際に地元で杜氏をしている熟練の杜氏さんはさすがに高齢になっていて県外は若い人が多い。
今年、杜氏の資格を取った人も県外の人ばかり。地元は1人だったかな。
杜氏制度も過渡期を迎えてるんだなと思う。
帰りにかみさんの実家で二泊。東京で鯨波を扱ってもらっているお店にも少々顔を出してきました。
久々の東京の人、人、人と暑さに少々グッタリ。
今日は地元の夏祭り。これから笛を持ってお囃子に行かねば。
練習もあまりしてないので、音がうまくでるか心配だけど、まったくローカルなお祭りで人手もいないのに、休む訳にもいかないので行ってきます。

|ページTOPHOME