kuramoto kujiranami      HOME ■    

今月のトピックス

2004/10/1 早くも10月!!
今月の終わりにはもう酒造りが始まります。
それまでにやっておかなければならない事が山のようにあり、こつこつ片付けている所。
今日は麹室の掃除。杜氏たちがやってきてからも掃除はするんですが、その前に出来るだけきれいにしておくのが自分のやり方。
年に3回くらいは天井から床まできれいにします。
我が家の麹室はヒノキ造りの籾殻が回りに敷き詰められている昔の断熱材のない時からのそれはかなり年季の入った部屋。
年季が入り過ぎて籾殻がポロポロこぼれててきてこれを食い止める為にガムテープを張り巡らしているありさま。これを補修するのが結構手間がかかって大変なんです。
今日一日では終わらないので明日も作業をしなくては!!

ところで10月1日は何の日だが知ってます?。
日本酒の日!!なんです。
酒という字は「酉(とり)」に由来し、十二支の10番目であることと、「酉」の文字が酒壺の形を表す象形文字で酒を意味することから10月1日が日本酒の日になったとか。
今日あたりは燗酒もいいですね。

2004/10/4 イチローの記録はすごいなあ〜。
これぞプロといった感じがする。
あまり多くを語らず昔の職人さんのようなイメージがある。
プライドが高く、決して妥協をしない姿勢は今で言えば扱いにくい堅物かなとも思うが、実績がついてきているからスゴイ。
クールでかっこよくいくには、隠れた努力と才能がすごいと思う。
大きな事を言っても実績がなくては信用されないし・・・。
自分もこうありたいと思うんだけど・・・努力と根性と才能がなあ・・・・。
イチローの偉業を祝福しつつ、自分は名古屋へドラゴンズ優勝セールが目当ての買い物へ!
酒造りが始まると、山ごもり状態になるので今のうちに都会の雰囲気を味わっておかないと!!
思ったより安くなってないと思いながら、人込みに疲れ切った週末でした。

2004/10/7 酒造りがもうすぐという事であたふたした日々を送っています。
蔵人が入る前にしておかなければならない事が山のようにある。
お米の発注しかり、酵母の手配、備品の補充、醸造アルコールの発注、税務署への申告等々。
酒造りには非常にたくさんのパーツが必要で、それを漏れなくそろえるのは結構大変。
自分の頭ではこぼれおちそう。
昨日は酒造組合で今年の米の出来や予想売価などについて会議がありました。
岐阜県について言えば、今年の米の出来は102で”やや良”
昨年に比べれば、とっても良く、お値段も例年並に落ち着きそうでまずは一安心。
あとは秋口の気候が例年通りであれば問題ないんだが・・・昨年の秋口は暖かかったのを覚えていますか?
酒造りを前に”かみさん”の里帰りについて行くため、10月8日〜12日迄留守にします。
メールの返信等が遅れますがご了承下さい。

2004/10/13 小旅行から帰ってきました。
5日間家を留守にしただけですっかり秋。
ちょっと寒いんでこたつに準備をしなくてはと思っている所。
帰って来て早速メールのチェックをしたらあるわあるわの勧誘メール。
それも同じ所から何度も。
いったいどうゆうタイミングで発送しているんだろう?と思ってしまう。
HPでメールアドレスを公開しているからしょうかないとは思うんだけど、あやしいのが多すぎるなあ〜。
必要なメールは2、3通だもの。
みんなはどうやって対処してるんだろう。
下手にいらないメールを送るのも逆効果のような気もするし。

2004/10/15 蔵人を迎え入れる準備が忙しい。
酒造りの準備の為、半年間眠っていた蔵を生き返らせる。
聞こえはいいですが、要は蔵の掃除と点検です。ちょこちょこ掃除はしているんですが、造りを迎える時はかなり大掛かりな掃除をします。
蔵人が来ても継続して行うんだが、その前準備が結構あるんです。
昨日は水槽の掃除。我が家は裏山の湧き水を一旦、水槽で受けて濾過をします。
この水槽、10000リットル位は入るでしょうか!
造りが始まる前には、この水槽に入り全てをきれいにします。
高さが1メートル50位だろうか?土の中に埋め込まれていて、昨日はこの穴(水槽)に半日潜ってました。
中途半端な高さなので中腰で作業。おかげで今日は腰が痛い。
大変なので結構、憂鬱な作業。でもおししいお酒を造る為と自分に言い聞かせて、せっせとブラシでゴシゴシ。
お酒にとっての水は非常に大切なのは十分承知しているんだけど、この作業は大変。
とりあえず今年は無事終了で一安心。

2004/10/20 蔵入り。
岩手から3人の蔵人がやって来ました。
今年も始まりです。
ここまで来るのにも結構大変だったんですが、これからが一番大変。
小さな蔵では、なにから何まで自分でやらなくてはならず、酒造りに必要な材料の発注から酒造り、配達、各種書類の作成と慌しくなります。
おまけに今日は台風23号が東海地方に接近とあって、蔵の戸締り、飛んで行かない様に空箱の整理とあたふた。
杜氏は、休憩もそこそこに早くも蔵のチェックなどをしています。
じっとしていられない性格で、今年新たに使う酵母の資料を読んでおりました。
今年は新しい蔵人も入ったので、機器や蔵の説明を熱心にしていました。
蔵人が入ると一気に酒造りモード!
明日は晴れてくれるといいんだが・・・。

2004/10/25 新潟県での地震がかなり大きかったようです。
新幹線が脱線するとは揺れがすごかったんだと思います。
ライフラインも寸断されていて、不自由で心配されます。
友人の酒屋さんもこの辺りで心配してます。
被害が少なくすむ事を願うばかり。
一方で自然の恐ろしさを改めて感じさせられます。

当蔵では、清掃と平行して酒母用の米洗いがはじまりました。
洗ったお米には臭いがあります。
まだまだ量は少ないですが、お米独特のなつかしい香り。
明日には甑がたち、一年ぶりのあの香ばしい香りが蔵全体を覆うことになります。

2004/10/28 今年も釜に火が入り甑から蒸気が立ちます。
写真を撮るつもりがすっかりカメラを忘れてしまいました。次回には何とか・・・。
今年1本目の酒母を立てました。
まだ10月で気温が少し高いですが、まずまず順調です。
この酒母を2週間くらいかけて育てます。
酒母の目的は酵母を大量に培養すること。
元気な酵母をたくさん育てて、それを元に3段仕込みにはいっていきます。
おかげでこれからは酒造りにどっぷりつかる日々です。
早起きせねばならず、飲み屋のお酒も自粛!
これが一番つらいな〜。
今年はとびっきりのいいお酒が出来そうな予感がするんです。(毎年の事ですが・・・)

2004/10/30 今年もこの時期、機械の修理屋になってます。
半年間眠っていた蔵が息を吹き返すといたるところで不具合が・・・・。
どれも大した修理ではないが、直さなければ動かないし。
この10日間で何回、ホームセンターへ行った事だろう!
きっとお店の人にまた来てると思われているだろう。
でもホームセンターが無かったらと思うとゾッとする。
こまごましたものが壊れるんです。
一番多いのが電気関係。
コンセントが利かない!ヒューズが飛ぶ!配線が届かない!
次に多いのが配管、ネジ関係。
ネジ山が利かない。足りない。配管が水漏れする等々。
続いて機械のゴム関係。
パッキンが裂けた。ゴムベルトが破損等々。
酒屋には多種多様な道具があってメンテナンスするだけでお金が・・・・。
ポンプでもどろどろのお酒を送るもの、澄んだお酒を送るもの、大量に送るもの、少量を送るもの等分かれているんです。
酒を造るって大変!と改めて思ってしまった。

|ページTOPHOME