kuramoto kujiranami      HOME ■    

今月のトピックス

2004/6/3 4年ほど前になるが東京の滝野川で酒造研修に参加した。
約2ヶ月間泊まりこみで酒造りの研修をした。
講義半分、実習半分で実際にお酒を造った。
その時のメンバーが14人。
その内の一人がHPを造っているのを偶然発見し、ご無沙汰メールを出してみた。
もう4年も経っているのでおぼえていてくれるかな?と少々心配だったんだが頑張って、お酒造りに励んでいるという返信をもらった。
とてもうれしかった。
当時を懐かしみ、そして今の酒造りの話ができる。
とても心地がいいなあ〜。
当時のメンバーも酒造りに励んでいるという。
いつか、再会して、飲み比べが出来たら楽しいだろう。

今回メールしたのは、新潟第一酒造さん(清酒 越の白鳥)のページです。
  ⇒ http://www012.upp.so-net.ne.jp/hakucho/

2004/6/8 本日”生酒”の瓶詰め作業。
6月に入るとぐっと生酒の需要が伸びてくる。
今年はラベルを新調して純米鯨波の300mlで登場。
鯨波独特の青を基調にした涼しげなデザイン。
新しいラベルにしましたよ!
新しいラベルを考えるには楽しい。
反面、気を遣うのも事実。
やはりお客さんに気に入ってもらえるのが一番。
今回は、ちょうど思案中に親戚一同が集まったので、感想を聞いてみた。
これをまとめる事は不可能というくらいバラバラ。
やっぱりラベル一つとっても色々。
最後は自分が一番いいと思うのにしてしまった。
今までの一升瓶のイメージをそのまま小瓶にもあてはめた感じ。
メインが青だから冷酒には涼しく見えて結構気に入ってるんだ。
ラベルはお酒の顔だから、いいにこしたことはない。
中身を磨くのは当然なんだけど、顔も重要なんだよね。
今回の顔はどうかな????
ご意見お待ちしてますよ!!  ⇒ BBS(掲示板)


2004/6/13 蔵元東京へ行く NO1
10日〜12日迄東京に行ってきました。
こうして岐阜に帰って来てみるとやはり東京は別世界。
つい昨日まで人でごった返す街にいたのがうそのよう。
本当に信じられない。車で5時間もあれば、行ける距離だが時間の軸がまったく違う。
不思議だな〜。以前東京に住んでいてたまに帰省した事はある。
そのときの感覚とは違う。岐阜に帰ってくると”ホッ”とする。
東京も大変楽しかったのも事実。
今回は仕事半分、もう半分は以前東京で働いていた頃の同僚、先輩、後輩のみなさんと約5年ぶりの再会。とても楽しかった!!
さんざんこのホームページの宣伝をして来たのでみてくれている人もいるかな?
無事、岐阜の山奥まで帰ってきました。
流石に今日は疲れがたまって昼寝で爆睡してしまいましたよ。
東京では大変お世話になりました。
酔っ払ってバチバチ撮ってた写真はもうすぐアップします。楽しみにしてください。

2004/6/17 蔵元東京へ行く NO2
久々の東京ということで以前働いていた同僚が集まってくれました。
場所は東京駅八重洲口の居酒屋”楽屋”だったかな??
急なお誘いにもかかわらずたくさんの人が来てくれました。
集合時間は午後6時。
場所は前もって地図付のメールで教えてまらってました。
ただ東京駅の何口を降りてよいかは載ってないんです。
結果から言えば八重洲北口で、多分東京駅の飲み屋と言えばこの辺りが当たり前の事なんでしょうが、なにせ自分は久々の東京。
大江戸線なるものが開通している事すら知らない。
駅へ行けば何とかなるだろうという甘い考えでとりあえず東京駅には到着。
店が分からないでは少々だらしがないと自分に言い聞かせあたりを歩いてみるがさっぱり見当がつかず、やむなく後輩k君にメール、それでも分からず電話。
お店に辿り着けば話は山ようにありとっても楽しいひと時でした。
鯨波を隠して持ち込み密造酒を飲むかの如く店員の目を盗んでは、コップにつぎまわるというスリルな飲み会(かなり小心者!?)でお酒を堪能してもらいました。
みなさんありがとうございました。
その時の様子は ⇒ こちら

2004/6/21 蔵元東京へ行く NO3
先日の東京遠征で”鯨波”を扱って下さっている居酒屋さんと以前東京で働いていたときに一緒に仕事をしていたTさんのお蕎麦屋さんを訪ねました。

居酒屋は阿佐ヶ谷にある”ダクダク屋”さん。こじんまりしたお店で一人でぶらっと立ち寄るにはもってこいのお店。なにしろ食べ物が美味しくて安い。
もし東京にいたら通ってしまいそうなくつろぎのお店。超おすすめですよ。

そば屋は”ほ.庵”さん。
そばに魅せられ脱サラしてお店を始めたこだわりのお兄さん(おじさん??)が朝5時からそばを打ちます。
和を基調にしたおしゃれな建物で女性がゆっくり会話とおそばとお酒を楽しめるお店。
店内にはなんとジャズが流れる変わったおそば屋さん。

両店の詳細は⇒こちら

2004/6/25 中津川酒造組合の会合がありました。
メインの議題は市町村合併による住所変更の対応方法。
当蔵のある恵那郡は北部と南部に分かれて北部は中津川市と、南部は恵那市と合併をします。
南部は今年の10月、当蔵の北部は来年の2月に合併する為、住所が変ってしまします。
この住所変更がまた厄介なんです。
そう、お酒のラベルには蔵の住所が印刷されています。
これは法律で決められている事。
たとえ国の都合で合併をして住所が変ろうともその対応は各会社でやりなさいというもの。
ラベルの印刷は枚数が多ければ多いほど単価が下がる為、うちのような小さな蔵では一回作れば何年ももつので在庫調整が大変。合併前になくなってしまっても困るし、多く作っても使えなくなるしと頭が痛い。
レギュラー商品はある程度予測ができるのでよいが、季節限定のお酒や新商品は更に難しい。
無くなるまで旧の住所でOKにしてくれればよいのに!!
やれやれ!!
お酒に限らず、住所が変るって大変なんだよね。
名刺や各種印刷物も変えなきゃいけないんだよな〜。
来年の2月といえばまた仕込みの真っ最中。先を考えると頭が痛い。

2004/6/28 段々夏らしくなってきましたね〜。
いつもであれば梅雨でしとしと雨が降っている時期なんだが今年は台風やら夕立やらと夏を感じる。
昨日の夕方も雷がひどかった。
山に近いせいか半端なく大きな音と稲妻。近所に落雷があることもある。
落雷で困るのが電化製品。
近くに落雷があると電化製品が壊れてしまう。
過去にテレビがやられたことがある。
それでも最近は落雷防止用のコンセントがすぐ手に入り値段もそんなに高くないのでパソコン関係には使っている。
パソコンがある日突然壊れてしまったらと考えると”ゾッ”とする。
バックアップをまめにとる性格ではないらしく(他人事!)、ハードディスクはぎっしり。
落雷に限らず、機械は壊れてしまうもの。
バックアップを心がけねば!!

|ページTOPHOME