kuramoto kujiranami      HOME ■    

今月のトピックス

2004/2/4 巡回指導で県の先生にお酒をみてもらいました
巡回指導とは、県内の各蔵を岐阜県食品加工ハイテクセンターの職員の方が指導に回ります。
清酒に関わらす食品に関する分析、研究等を行う機関の方です。
もう何十年と清酒に携わり、各種の指導をしてくれます。
おのずと”先生”と呼んでしまいます。
お酒の先生ですね。
出来上がったお酒と現在進行中の醪(もろみ)をみてもらいました。
まずは”順調”という言葉をもらいました。
先生に聞きたい事が山のようにあり、質問攻めにしてしまいました。
私の意味不明な質問もしっかり聞いてもらい、いろいろアドバイスをもらいました。
特に吟醸酒造りは難しいなあ〜といつも思ってしまう。
その分、おもしろんですが・・・

2004/2/7 ここへ来てまた雪降りの毎日です。
一度にたくさん降る訳ではないのですが、毎日5cm位増えていくような感じ。
午前と午後に軽く雪かきをしないと蔵の前の広場が雪で使えなくなってしまう。
いたるところで凍結していてちょっと危険。
家から国道へ出るまでの6キロほどの道も真っ白。山の中で人口もすくないこの地区で2車線の道があるはずがなく場所によっては対向車とのすれ違いもできない。
雪が降ると道幅も狭くなるので、対向車には要注意。
でも何故か雪が降るとワクワクしてしまう。
今日も配達があり、このまるでスキー場の迂回路のような真っ白の道を愛車の軽バンで快走。
ちょっと滑らせてみようかな!という好奇心が沸いてしまう。
軽バンは車重が軽いのですぐすべる。
自由に操るテクニックがある訳でもないのに、滑らせてよろこんでました。

2004/2/11 日がながくなってきました。
一日の作業が終わると蔵の点検をしながらシャッターを閉めて回ります。
12月くらいだと5時を過ぎる頃にはもう真っ暗で懐中電灯を片手回っていたのが、この所薄暗い程度で懐中電灯の必要も無くなってきました。
うちのような田舎は街頭もなく、懐中電灯は必需品。ちょっと地区の集会所へいくのにも夜は同然、懐中電灯。
夜中や早朝に蔵作業がある時は、まるで警備員状態。
ちょっと怖かったりしますが・・・
ついついどこかに置き忘れる事が多く、懐中電灯を探してうろうろする事がしばしば。
最近は価格の安いものも多いのですが、ちょくちょく落としてしまう為、多少頑丈な高目のものを愛用。
結構、手に馴染んでくるんです。

2004/2/15 醪(もろみ)も最終段階になってきました。
この間まで”プツプツ”いっていた醪が今は静かに発酵しています。
今年最後の上槽は来週の予定。
1月に仕込んでから約一ヶ月を経て日本酒のできあがり。
各段階で発酵する音が違うんです。
最初は、沸いてくるように”プツプツ”それから発酵が旺盛な時は”シャーシャー”、最後は静かな”シャー”。
発酵が旺盛な時は顔を近づけるだけで炭酸ガスで”クラクラ”。
今は、ほんのり果実の香りがしています。
この果実の香りがお酒に残ってくれたらいいんですが、酒粕についていってしまう事が多いんです。
今年はどうなることやら。

2004/2/20 とうとう上槽(じょうそう)です。お酒を搾る事。
1月の7日に米を蒸してから一ヶ月半近くがたちお酒ができあがりました。
出来は上々。
搾る機械からしたたり落ちます。
やっと”ほっ”とできそう。
これで今年の搾りは終了。長いようで短い酒造りだった。
まだ濾過や火入れの作業があり、気をぬけないんですが・・・
当蔵の搾り機は”ヤエガキ”という酒を袋に詰めて上から圧力をかけるもの。
現在、使っている蔵は数少ないという骨董品?
大事に使ってやらねば!
搾りにあわせるかのように風邪をひいてしまい実は鼻があまり利かない。
本当の香りと味は体調が万全になってからの楽しみにしよう。

2004/2/24 お〜。とうとう3000番台突入です。
サイトを立ち上げてからもうすぐ一年、長いような短いような!
3000番をゲットした方、掲示板かメールでお知らせください。
薄謝進呈の予定です。
キリ番に関わらず当サイトにいらした方は掲示板に足跡を残してもらえるとありがたいです。
内容はお酒に関わらず何でも構いません。
お待ちしてます。
風邪がやっと回復に向かい何とかtopicsを書く気力がわいて来ました。
あまり医者は好きではないのでついつい薬局の薬と自然治癒で直そうとしてしまう。
今年は鼻水、鼻づまりがひどくティッシュが手放せない。
ゆっくりしていたい所だが、配達があり、マイティッシュを愛車の軽バンに積み込み発進。
信号待ちは、ひたすら鼻掃除。
こうゆう時に限って信号待ちも少なく、スイスイ行けてしまう。(あまり信号もないんですが・・・)
明日はファンヒーターのそばで事務仕事に励もう。

2004/2/28 福岡町商工会青年部で経営塾と銘打った講習会が昨年の6月〜2ヶ月に一回のペースでありその最終回が先日あり出席してきました。
同じ講師の方が一年間通じて来られ毎回、おもしろい話をして頂きました。
今回は最終回ということで講習後、居酒屋で打ち上げ会もあり、たらふくお酒を飲み楽しい会になりました。
前向きに仕事に取り組めば、仕事は自然と前向きになる。という一貫した教えのもと色んな事例を元に仕事の進め方、お客さんをどうやって作っていくのかといった内容でした。
清酒業界もけっこうお先真っ暗状態ですが、工夫次第なんだと改めて考えさせられるものでした。
この講師の先生にはこのHPにリンクを張ってもらいました。
メールマガジンがとってもおもしろいです。
興味のある方は是非!!  http://www2u.biglobe.ne.jp/~cil/
そういえば先日NHKのクローズアップ現代で日本酒がとりあげられていました。
消費量が焼酎に抜かれ、ピンチな状態でがんばってる酒蔵が紹介されていました。
当蔵も前向きにいきますよ!!

|ページTOPHOME